FC2ブログ

ガンダムビルドダイバーズ 第10話 有志連合 感想

ああ、ロンメル隊(第七機甲師団)を砂漠で壊滅させたのは進化した
マスダイバー(進化したブレイクデカール)による効果が大きかったのか。
これに対しての対応が必要になってきました。

チャンピオンであるクジョウ・キョウヤは執務室で
ゲームマスターと呼ばれるSDガンダムタイプのキャラクターと会話します。
これはGBNの運営側のキャラクターですかね?
運営側の人間と言っているけど、これもダイバーなのですかね?
ゼータプラスみたいですけど。

運営側がマスダイバーを放置している理由と尋ねます。

「リアルのガンプラにナノICチップを練り込んだ不正パーツ、ブレイクデカール」
これをGBNのシステムに強制的に読み込ませているらしい。

運営側はこのような状態は把握しているが、証拠が無いので対応は難しいと言っている。

ブレイクデカールを使用したマスダイバー
(ステアか、ずーと、ステラかと思ってた、名前が違ってた)の情報を調べても、
プログラムの数値の改ざんの痕跡は見つからなかったらしい。
ガンプラを直接調べても、ブレイクデカールが見つからなかった。
これはどういうことなのか?

隠ぺい工作があったか、消滅する機能でも備えているのか。
今のところはよくわからないようだ。

うーん、証拠が無いのと、運営側の人数が足りなくて、
上手くは対応できていないようだ。

メインプログラムに直接介入して、一時的にGBNの世界を変えてしまう。
推測ですが、このようなものなのか。

それにしても、チャンピオン、クジョウ・キョウヤとロンメルがいる居酒屋みたいなところは
大変、おしゃれな空間だ。
いいね、ここ。
スペースコロニーがプロジェクターで上空に投影されているのかな。
なかなか良い演出。

ミカミ・リクが学校に登校する前にクジョウ・キョウヤからのメールを確認します。

あ、学校から帰ってきた後かな?

その後、ビルドダイバーズのメンバーを招集。
クジョウ・キョウヤからのメールの内容の説明。

そんなやりとりをしていると、
フォース・AVALONの副隊長、エミリアさんとカルナさんが挨拶しにやってきました。
カルナさんは「おひさ~」という再会の挨拶。
エミリアさんは初対面っぽい挨拶。
なんか不思議な挨拶だ。
カルナさんが言うように、ロンメル新人部隊との対戦で会っているのにな。

ああ、でも、ごぶさたしています、と言っている。
やっぱり変な会話だ。

AVALONのフォースネストへ来てくれと言われます。
AVALONのフォースネストは巨大なヨーロッパ風のお城。
クジョウ・キョウヤの執務室はこの中にあったのか。
豪華な印象はあったけど、まさか、お城の中とは。

ダイバーたちがいっぱい招待されているパーティールームに通されました。

ランディーさんというワールドランキング7位のダイバー。
有名フォースの鉄仮面ズ。
ロンメル隊。
そして、マギーさん。
タイガーウルフ。
シャフリヤール。

有名どころがみんな呼ばれている。

で、クジョウ・キョウヤとロンメルは招待したダイバーたちを前に他言無用のお話。

マスダイバーに対して、有志連合の結成を提案します。

すでに、AVALONとロンメル隊は作戦を遂行中。
ブレイクデカールを配布している人物の特定作業中。

ロンメル隊の人が黒幕と接触したら、有志連合メンバーで包囲するという作戦。

ブレイクデカールを配布している黒幕のIDを突き止めることが最大の目標。

ロンメル隊のメンバーが黒幕と接触します。
IDは確認できないようになっているらしい。
ロンメル隊のメンバーが自分の目でドラゴンボールのスカウターのように相手を確認。

あ、ロンメル隊のメンバーの行動はばれてるじゃん。
やられちゃったな。

エミリアさんによれば、フォース・百鬼はマスダイバーを出してしまったので、
自主的謹慎期間中。
そして、ビルドダイバーズを推薦してくれました。
なかなかいい人たちです。

黒幕の居場所は特定できたので、これから有志連合による作戦が始まりました。

ゲームマスターも作戦の後方支援でしょうか。
初心者用サーバーを封鎖してくれました。

宇宙空間での戦闘です。
マスダイバーが大量にやってきました。

有志連合側も応戦。
ガンダムラブファントム、マギーさんのガンプラ、初めて見ました。
名前も凄いけど、見た目も濃いピンクだw

うお、凄いな、巨大なビーム鎌一撃で複数のマスダイバーを撃破。

あ、でも、マスダイバーのガンプラは復元しました。
忘れてたわ。
復元するのですよね。

マスダイバー、数が凄い多いな。
しかも、すぐ復元するから、やっかいだ。

シャフリヤールのセラヴィーガンダムシェヘラザードと
タイガーウルフのガンダムジーエンアルトロンのビームと技で
かなりの数のマスダイバーが減りました。

この隙を狙って、クジョウ・キョウヤやミカミ・リクたちは黒幕の基地に潜入を試みます。

一緒に乗っていたサラが潜入後、別なルートへ案内します。
みんなが向かっているルートとは反対のルートです。
なんで?
サラって運営側の人間かな?
正体がずっーと謎だけど。

アヤメさんのRX-零丸もついていきます。
いいのかな?
黒幕の配下ですけど。

黒幕の基地の外側、宇宙空間では有志連合のメンバーが交戦中。
やっぱり復元するマスダイバーのガンプラに苦戦している。

キュジョウ・キョウヤとランディーが誘い込まれました。
そして、ランディーは撃墜されます。
活躍が見れなかった、ランディさん。

クジョウ・キョウヤの前に現われたのはレジェンドガンダムかな?

別ルートのミカミ・リクはそのまま突き進みます。
これは黒幕さんも想定外のようだ。

突き進むと赤い鳥メカがやってきました。
以前にも登場したガンプラです。
名前がわからないな。
これは何のガンダムに登場したモビルスーツだろうか?

あれ?
アヤメさんのRX-零丸の腕に止まりました。
この状況にリクとサラは驚愕します。

ああ、ついにアヤメさん敵になっちゃうんですか?

ここで今回は終了です。
有志連合によるブレイクデカールを配布している黒幕のIDを突き止める作戦は
ちょっと物足りなかったかも。
まあ、マスダイバーといっても雑魚っぽいキャラクターばかりなので、
復元機能はやっかいですが、上位ランカー率いるフォースの面々からみれば、
時間がかかるだけで、それほど、むきになって戦わなくてもよさそうな印象なのか。
ひたすらビームを撃ちまくって撃墜していく、というものたりない戦闘シーンではあった。

黒幕の基地に潜入したメンバーも
クジョウ・キョウヤ、ミカミ・リク、サラ、アヤメさん、ランディーだけっぽい。
ランディーさんは活躍する前に撃墜されちゃったので、もっと見たかった。

次回はリクvsアヤメさん。
アヤメさんも昔、ちゃんとした仲間がいたらしいので、どういう展開になるのか。

チャンピオン、クジョウ・キョウヤはレジェンドガンダム相手に余裕で勝つ気がするけどな。

そして、サラが何者なのかも気になる。

あと、黒幕の実験ってなんだろうな?
進化したブレイクデカールとは別のものっぽいけど。

こちらはこちらで楽しみだ。
物語的にです。
スポンサーサイト

トラックバック

ガンダムビルドダイバーズ ep10 有志連合 自浄感想

たった一度の過ち。

ガンダムビルドダイバーズ 第10話

ガンダムビルドダイバーズ 第10話 『有志連合』 ≪あらすじ≫ 非公式ツールのブレイクデカール、それを扱うマスダイバー達の脅威は留まることなく、ロンメルのフォースですらその力を進化させた彼らに敗北してしまう。チャンピオンのクジョウ・キョウヤはGBNを守るために、ある重要人物との接触を図る。 (公式HP あらすじ 10話より抜粋) ≪感想≫ 今回は一つ一つを簡単に纏めた感じ...