ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第9話 十分間の鏖殺 感想

エムさんとピトさんのチームを包囲するように敵チームが連合して、
エムさんとピトさんのチームを追い立てる作戦。
7チーム、29人vs1チーム、6人という圧倒的な数は優位になるのか?

この状況にピトフーイさんはとても楽しんでいる様子。
余裕だな。

ピトフーイさんのチームはこれを迎え撃ちます。

分散して敵チームの攻撃に対抗しているのか。
エムさんは滝の穴の裏に隠れて、持ちこたえている。
ちょっとだけ負傷しましたけど、全然大丈夫なようだ。

なるほど。
エムさんはおとりで、周囲から攻撃している敵チームを
さらに後ろから攻撃するという分散作戦のようだ。

というか、ほとんどの敵をピトフーイさん1人でやっつけてる。
これがピトフーイさんの戦闘能力か。
レンとタイプが似ているのかな?
スピードはレンのほうが上だけど、
全体的な戦闘技術は互角かレン以上なのか?
勝るとも劣らない強さ。
しかも、笑いながら戦っている。

最後の2人は何とか生き残ったかな。
そして、リーダーたち7人に「仲間の敵を討ちにこい」と伝えてくれと言います。
実際はもっとばかにしたような表現なんですけどね。
ピトフーイさんですから。

あ、そのあと、グレネードが投げ込まれ、この2人はやっつけられます。
これは凄い展開。
容赦ないな。

葡萄畑では7人のリーダーたちがこの作戦の推移を確認しています。
と、森の中にいたピトフーイさんの狙撃でみんなやられてしまいます。
ピトフーイさんは狙撃の能力もこんなに高いのか。
かなりの距離があるけど。

あ、リーダーの1人は降参したのか。

この状況に観客の人たちは呆然としています。

あれ?
シノンさんの名前が出てきましたね。
同じ系統のライフルを使っていたとかそのような解説です。

どうやら、観客の人たちの話によると、装備も能力も別格みたいだ。

レンとフカ次郎はドームの中に潜入。
ここはサバンナと呼ばれる草原のような場所になっている。

「まるで台所をかさかさするGになった気分だよ」
フカ次郎の言葉。
Gとはゴキブリでしょうね。
北海道にはゴキブリはいないのか。
知らなかったな。
初めて知った。

ドーム内には敵チームが3チームもいるのか。

ドーム内からは銃声が聞こえてきました。

レンは同じ場所からの銃声しか聞こえないから、
これが罠だと判断した。
耳の良さと判断力がなかなかいい。

ちょっと進んだら、敵チームと遭遇。
フカ次郎がグレネードランチャーを発射して、後方支援。
その間にレンが敵チームに突撃します。

レンは敵をやっつけましたが、フカ次郎も襲撃されます。

この状況にフカ次郎は真上にピンク色の煙幕弾を放ちます。
辺りはピンク色の煙幕につつまれて、
その中をレンが敵を狙撃します。
これは訓練していた作戦のようです。
対ピトフーイ用の作戦。

レンは順調に敵をやっつけますが、フカ次郎は近距離の狙撃がかなり苦手なようで、
もの凄い至近距離から拳銃を放ちますが、まったく当たらず。
これはこれで凄い。

で、別の長い銃でぼこぼこにします。

妖精経験があるので、剣術系の技術のほうが得意みたい。

まだ1人生きてた。
ちょっとイケメンのチャラ男みたいな人。

この人は面白いキャラクターだが、
レンに身ぐるみをはがされる。
装備が残っているから、レンやフカ次郎にとっては貴重な資源。
この戦闘でかなりの装備を消費しているので。
エムさんとピトフーイさんとの戦いのために
できるだけ装備は残しておきたい。

このチャラ男の人は残っている装備を提供する代わりに
レンにほっぺにキスをせがみます。
この行為にレンは顔がおかしくなっている。

やっぱり変な人だ。
イケメンなのに。

この会話をしている場所の草がいい。
緻密に描かれていて良い風景だ。

で、装備の交換のほっぺにキス。

この人は女の人でした。

GGOには女性が少ないから、友達になってくれとお願いされます。

レンが装備を拾おうとしたら、銃撃されました。
この女の人が助けてくれましたが、女の人は負傷。

この銃撃したチームはMMTM(メメント・モリ)です。

ここで今回は終了です。
今回はピトフーイさんの圧倒的な戦闘能力が見れたのと、
レンとフカ次郎の対ピトフーイさん用の作戦が見れたことがメイン。
ピトフーイさんはもう、敵チームが手も足も出ない能力。
まともな戦闘にすらならないレベル。
これは強すぎる。

レンとフカ次郎は連携が比較的上手くいっている。
フカ次郎はグレネードランチャーは上手く使いこなしているけど、
拳銃の扱いはへたくそだ。
これはしっかりと訓練した方がいい。
妖精経験があり剣術系技術は楽しみだ。
銃ではなく、剣系武器を使った戦闘もこれから楽しめるかもしれない。

敵チームの変わった変な女の人はまあ、ちょっと面白かった。
ギャグ要素です。
レンとフカ次郎とのコミカルなやり取りはちょっと良かった。
レンとフカ次郎を助けてくれたから、基本的にはいい人のようだ。

次回は強敵、MMTM(メメント・モリ)との対決になるのかな。
今回の戦闘でだいぶ装備を消費しているから、
変な女の人から提供を受けた装備をしっかりと回収しないと、
戦えないのではないかな?
回収しているのか、していないのか、ちょっとよくわからなかったけど。

空中に浮かんでいるモニターのコマンドを2回押した音が聞こえたけど、
それから襲撃されたから、この状態で装備を手に入れることが出来ているのか、
そうではないのか、はっきりとはわからない。

うーん、手に入れることができていなかったら、またここの場所に戻って、
手に入れる機会でもあるのかな?

まあ、それはMMTM(メメント・モリ)との戦闘でわかる。

MMTM(メメント・モリ)は優勝候補チームの1つだから、
今回の戦闘よりも激しく、見どころがある戦闘になると思う。
スポンサーサイト

トラックバック

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン BS11(6/09)#09

第9話 十分間の鏖殺 29対6となったPM4、退屈だったピトは嬉しくて堪らない。取り敢えず逃げたいメンバーだがピトが許さない。 エムの作戦はリーダーなのでサテライトスキャンで居場所がわかるので 標的となって自身は安全な滝へ誘き寄せる。そこを各個撃破、ピトは最低限のフォローだけでいい。 次々に相手の銃を奪って倒していく、弾丸の無駄はしない。しかも筋力も長けているの...

ソードアート・オンラインオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第9話「十分間の鏖殺」感想

7チームが結託し、ピト達のチームを襲撃。 レンは多勢に無勢で窮地に陥るピトのもとに急ぐ。 そんなレンの心配を他所にピトは逃げもせずに敵を迎撃。 奇襲を仕掛け、たった1人で20人以上の敵を殺してしまう。 圧倒的な強さと異常な残虐性を見せるピトに観衆は戦慄。 スクワッド・ジャムの優勝を確実視する。 一方、何も知らないレンはピトを目指して一直線に進もうと...

アニメ感想 18/06/09(土) #あまんちゅ!~あどばんす~ 第10話、#ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第9話

あまんちゅ!~あどばんす~ 第10話『そのはじまりに想うコト』今回は・・・みんなで年越しです。いいですねこういう賑やかな年越しって。やっぱり、日本での年越しと言えば、尻を叩かれるやつですよね(笑)年越しのカウントダウンはみんな寝ててできなかったけど、初日の出は見ることができました。今年もいい年になりそうですね。どうでも良いけど、若い頃のおばあちゃん可愛いですね。TVアニメーション「あまんちゅ...

ガンゲイル・オンライン 第9話 「十分間の鏖殺」 感想

ヒロインも生死をかける戦いになると性格が崩れる。

ガンゲイルオンライン第9話「十分間の鏖殺」ピトの虐殺とレンの虐殺

ガンゲイルオンライン第9話「十分間の鏖殺」は、予想通りピトが虐殺していた。 7チームのリーダ達は包囲網に参加してなかった。 これは包囲してる兵達が定期スキャンにかからない為らしい。 Mさんの傭兵は最低限の援護のみで、殆どピトが殺しまくってた。 ピトもAGIに振ってんのかね。 素早い動きで次々にっていうレンっぽい戦い方だった。 最後の2人はわざと残して弄んでた。 「仇を取れ」とリーダーに伝える...