FC2ブログ

キャプテン翼 第11話 思わぬ苦戦 感想

キャプテン翼2018(Captain Tsubasa 2018) 、 Episode11の感想、 Reviewsです。

全国少年サッカー大会静岡県大会、準決勝、島田小との対戦です。
序盤は南葛SCのぐだぐだな試合ぶりで、
島田小の先制点です。

シュートが凄くなかったけど、ふわふわロングシュートが得点になります。

埼玉県大会準決勝では南武FCが明和FCを3-0でリード。
これもちょっと予想外かな。

こちらは日向君と沢田君が試合に出ます。

南葛SCvs島田小の試合は膠着している。

南葛は攻撃のリズムがめちゃくちゃで翼君にボールを合わせることが出来ません。
島田小もなかなか守備が堅い。
守りのチームではあるけれど、それでも前半は得点がない。

翼君もすぐにボールを持って、自分で攻めようとはしていないようだ。
どうしてだろうか?
岬君でもいいだろうけど。
岬君もプレーも描かれていない。

埼玉県大会準決勝の試合は日向君、沢田君が出てから3得点。
沢田君のなかなかのドリブルが効果があるみたいだ。
映像では凄くは見えなかったのだけど。

日向君の凄いシュートもいい。

埼玉県大会準決勝は明和FCが4-3で南武FCに勝ち、決勝進出です。

南葛SCは後半に入り、やっと岬君のプレーがちょっと見られました。
でも、滝君にパスを出したら、滝君のトラップミス。
雨が降っているので、ミスが出やすい状況だ。

南葛SCが雨でミスしてばかりの間に島田小はもう1得点。

守りを固めている隙を狙って、翼君がシュート。
でも、これも防がれて、得点できない。

残り時間が数分になり、翼君を中心にボールを浮かせてパス。
翼君がゴール前でジャンピングボレーシュート。
これで1得点。

2点目は翼君から岬君、さらに井沢君、シュートは翼君。

同点になり、島田小は全員で攻めてきました。

島田小のパスワークはなかなかのもの。
でも、シュートは森崎君ががっちりキャッチ。

このボールは翼君へ。

翼君のシュートが入り、南葛SCが3-2で勝利。

ここで今回は終了です。
この準決勝は南葛SCの弱点(雨での試合運びがあまり上手くない)と
島田小の意外と上手いパスワークと守備が見れたことがメインですか。

南葛SCの弱点は翼君の機転で改善することが出来ました。
島田小もシュートさえ強力であれば、南葛SCとほぼ互角のチームになりそうな雰囲気でした。
やはり、静岡県大会はレベルが高いみたいだ。
スポンサーサイト