fc2ブログ

色づく世界の明日から 第8話 ほころびのカケラ 感想

-
bluetopaz178
幼いころは魔法少女だったのですか。
プリキュアとか、カードキャプターさくらみたいだ、月白琥珀。

魔法写真美術部では撮影会の画像をみんなで見ています。
月白瞳美だけは、まだ写真撮影を終えていないようだ。

学校からの帰りに月白瞳美と月白琥珀は、
月白瞳美が色を見ることが出来た場所に向かいます。
眼鏡橋から新地中華街の方面。

電車の車内では「無意識の魔法」についての会話。
月白琥珀の推測では、月白瞳美が無意識に色が見えないようになる魔法を自分でかけた、
という内容。
最近、たまに色が見えるようになるのは、魔法がほころび始めているからかもしれない。

そうか、色が見えた場所についての記憶を調査することによって、
魔法をとくきっかけを探しているのね。
堅実なやりかたで探っているのか。

月白瞳美の未来での記憶の中には特別に場所についての思い入れは無い様子。
となると、場所では無く、葵唯翔という人間との関連を調べ始める月白琥珀。

まあ、葵唯翔との出来事もたいした内容ではない。
まあ普通の生活上のことだから。
月白琥珀は別なことを考えてたみたいだが。

で、葵唯翔は学校から帰ろうと思ったら、
月白琥珀に誘われて、というか、強制的に実験に参加させられます。

実験は着々と進みますが、何も変化は無い。
2人が近づいたり、月白瞳美の感情に変化を及ぼす(葵唯翔のことを唯翔君と呼ぶ)
実験もしましたが。

つづいては、初めて色が見えた絵を見せてもらう。

似た絵の絵本を見ても変化は無い。

でも、小さいころに色が見えてた絵本があったらしい。

別な絵本を探しに行っていた月白琥珀はこんな2人の様子を見て、
業を煮やしたのか、魔法で本を落としたり、椅子を動かして、
2人を取り囲むようにしたりと、月白瞳美と葵唯翔を何とか接近させようとしています。

でも、やっぱり変化は無い。

家に戻ってきて、時間魔法の研究をする月白琥珀。
結構、大変な魔法のようだ。

時間魔法で花をよみがえらせましたよ。
これにはひいおばあちゃんも感動しています。

未来の自分が時間魔法を使って月白瞳美を2018年に飛ばしたのだから、
月白瞳美がいつでも戻りたい時に戻してあげるのが自分の責任。
立派な人間だ。

場面は変わって、月白瞳美が日常の風景を撮りたいというので、
近所?の風景の撮影会です。

日常の風景を撮っている間に風野あさぎと川合胡桃は
風野あさぎの想いについて、
まあ、ちょっとした恋愛相談みたいなものです。

日常の風景を撮ることで思い出作りも兼ねているのか。

月白琥珀が瞳はいつか帰るの?
と尋ねますが、それはそうですよね。
というか、60年後(2078年)の日常はどうなっているの?
やっぱりさ、月白瞳美さんはおばあちゃんの魔法で60年前に行ってます、
みたいな説明を受けているのかな?
同じ学校の人たちは。

山吹将と葵唯翔が撮影をしていると、
月白瞳美がもうすぐ60年後(2078年)に帰るんじゃないか?
という会話になります。

瞳美がいなくなるのはみんな嫌だろ。
山吹将はこのようなことを言いますが、
これはしょうがないことだよね。
月白瞳美の事情は魔法写真美術部の事情とはまったく関係が無いから。

月白瞳美が色が見えないことについても話します。

そのあとはみんなで集合写真。

で、また別な日に部室でみんなでの集合写真の加工作業。
山吹将の指導で月白瞳美が自分で挑戦します。

前よりも楽しそうに活動している月白瞳美を微笑ましく眺めていた山吹将ですが、
やっぱり月白瞳美が60年後(2078年)へ戻ることを気にしているようです。

ここで、あさぴょん(風野あさぎ)のカメラが故障したようで、
深澤千草が山吹将にちょっと見てあげてくれと頼みに来ました。
今まで、あさぴょんなんて呼んでたっけ?

どうやらカメラの基盤が故障しているようなので、
家に帰っておじさんに見てもらったらどうだという回答。

と、月白琥珀が時間魔法でカメラをよみがえらせます。

凄いw
というか、どこまで時間が戻ってるのかな?
新品同様までか?
カメラ屋と電気屋、もう必要ないなw
これはぼろ儲けできるw

あれ?
家に戻ってきた月白琥珀でしたが、
時間魔法でよみがえらせた薔薇がまた枯れてます。

ひいひいおばあちゃんも残念がっています。

魔法が上手くいかなかったので、
ちょっとがっかりしていると
「未来のあなたはどうして瞳が未来に帰る方法を手紙に書かなかったと思う?」
「今の琥珀なら自分たちで解決できるとわかってて、
あえて書かなかったんじゃないかしら」
「きっと大丈夫よ」

ひいひいおばあちゃん、何か、あなたなら余裕で出来そうw

まあ、そう思っても、これは月白琥珀自身の責任ですから。
自分で頑張って欲しいということですね。

月白琥珀は家を飛び出して、風野あさぎと待ち合わせ。
やっぱりカメラはまた故障していた。

うーん、カメラは修理すれば直るらしいが、
月白琥珀の時間魔法の完成はまだまだのようだ。

また、別な日、魔法写真美術部の部室では、
月白瞳美が撮った写真の完成披露。
みんなには好評です。

写真をアルバムに収めながら月白瞳美は月白琥珀に
未来に帰りたいかどうか考えてたと話します。
えーと、帰らないという選択肢はあるのか?

「ここにいたいな」

この言葉に魔法で人を幸せにするのは難しいと感じる月白琥珀。

ここで今回は終了。
今回は月白琥珀の時間魔法へのチャレンジが主な話。
着々と時間魔法の練習をして、完成に近づいているかに見えたけど、
そうでもなかったのかな。
月白琥珀の大魔法使いへの道も少しずつ進んでいると思うけど。

ただ、魔法を使って人を幸せにするという方法にもいろいろとあって、
何の魔法を使ったら本当に人が幸せになるかを考えなければいけなくなった。

ただ、月白瞳美はどうしても未来(2078年)に戻さなくてはいけないと思う。
未来には未来の家族がいます、知り合いもいます。
本人が2018年にいたいと望んでも、
未成年ですから、家族の了解も理解も必要です。

もちろん、時間魔法でいつでも行ったり来たりできるのであれば、
あまり悩む必要は無いと思いますけど。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178