fc2ブログ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第8話 剣士の矜持 感想

-
bluetopaz178
キリトとウォロ・リーバンテインの対決です。
リーナ先輩のよるとウォロは相当な経験豊富な強敵だ。

リーナ先輩との約束もこの決闘で果たすという。

リーナ先輩が立会人を引き受けます。

ウォロ・リーバンテインはいきなり必殺技みたいなのを使うみたいだ。
何ていう説明なのかさっぱりわからなかったけど。
体のオーラがなかなか。

ウィキペディアを見て補足。
ウォロ・リーバンテインの技はハイ・ノルキア流秘奥義「天山烈波」という名前ですか。
キリトは4連撃ソードスキル「バーチカル・スクエア」で応戦です。

両者ともに凄いパワーだ。

だが、ウォロ・リーバンテインに押され始めるキリト。
ウォロ・リーバンテインの想いの強さが凄いみたい。

キリトもみんなのことを思い浮かべながらイメージの力を増大させる。
すると、キリトの剣が光を纏って光り輝きます。
そして、青白く光り輝き伸びます。

これにはウォロ・リーバンテインもちょっとびっくり。

両者が一撃を繰り出したところで、
アズリカ先生が決闘をストップさせます。

ウォロ・リーバンテインもアズリカ先生の裁定に従います。
何か凄い人みたい、アズリカ先生。

これにてキリト練士への懲罰は終了。
観客席にいた練士たちも大歓声です。

リーナ先輩からは褒められました。

夜になり、リーナ先輩の部屋で祝杯。
リーナ先輩、キリト、ゴルゴロッソ・バルトー、ユージオが参加。
でも、ゴルゴロッソ・バルトー、ユージオがすでに寝てるけどw

リーナ先輩はリーナ先輩が使うセルルト流は帝国の本流剣術では無いので、
ちょっと迷いがあるようだ、
独自流派のキリトが本流流派と互角に渡り歩く姿を見て、
自分の流派にも自信が持てるようになりました。

キリトにも励まされます。

自分の部屋に戻ったキリトでしたが、
外へ出るとライオス・アンティノス、ウンベール・ジーゼックと出会います。

キリトがリーナ先輩のために育てていた花がぼろぼろにされてしまいました。

ここからはキリトの回想。
この花はリーナ先輩のために、そして、イメージ力だけで花を咲かせることが出来るのか、
というキリトの実験だったようだ。
育てていくうちには単なる実験というだけではなくなったようだけど。
植物の栽培は愛着もわいてくるからね。

「信じなさい、異国の土でここまで育った花たちの力を、
そして、その花たちをここまで育てたあなた自身の力を」

キリトが涙を流していると、このような声が聞こえてきました。

たびたび聞こえてくるけど、誰だ?

「さあ感じて、花たちの祈りを、世界の理を」

ああ、何かガンダムみたい。
ニュータイプの感じだな、これは。

キリトが立ち上がると他の花たちが光り輝きます。
キリトがイメージすると他の花たちが助けてくれるのか。
これはドラゴンボールの元気玉みたいだな。
いろんなアニメのいいとこどりみたいだ。

すると、他の花たちから出た光がキリトの育てた花の鉢に降り注ぎ、
キリトの育てた花がよみがえります。

日にちは変わって、リーナ先輩とウォロ・リーバンテインの対決です。

リーナ先輩、勝ちましたよ。

こうして、リーナ先輩とゴルゴロッソ・バルトーは修剣学院を卒業しました。

キリトとユージオは上級修剣士になりました。

上級修剣士となったユージオには
ティーゼ・シュトリーネンという赤い髪の毛をした傍付きの女の子が、
キリトにはロニエ・アラベルという濃い栗色の髪の毛の女の子が傍付きになりました。

うーん、2人とも幼い印象だな。
キリトとウォロ・リーバンテインとの対決の時の観客席にも
見た目が幼い人たちがいましたけど。

キリトがはちみつパイを買ってきました。
ちょっとだけキリトとユージオで食べて、
残りはティーゼ・シュトリーネン、ロニエ・アラベルにあげちゃいました。
キリトは優しいな。
この2人(ティーゼ・シュトリーネン、ロニエ・アラベル)もスイーツは好きなのだな。
何だか、ゲーム上のキャラクターには見えないよな。
これ、全部、ゲーム上のキャラクターだけど。

ここで今回は終了。
リーナ先輩が卒業して、キリトとユージオが進級して、新しい傍付きが付いて、
時間がちょっと経過しただけかな。
修剣学院の内部のことだから、それほどの物語の進展があったわけではない。
イメージ力を増大させると、いろいろと便利なのはわかった。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  SAOアリシゼーション第8話「剣士の矜持」キリトがリーナに贈ったもの
  • SAOアリシゼーション第8話「剣士の矜持」は、キリトがヴォロに勝つエピソード。 まあ勝つよね。 副題はたぶんリーナの事。 アバンはリーナがキリトに助言。 それはヴォロのリーヴァンテイン家には、その剣で敵を倒す程、強くなるという家訓があり、それが強さの秘密らしい。 それを聞いてキリトは驚いていた。 イメージで強さが変わるというアンダーグランドのシステムは把握済みだったんじゃ? またはヴォロの強...
  • 2018.12.04 (Tue) 00:25 | アニメとマンガの感想と考察