fc2ブログ

ソードアート・オンライン アリシゼーション 第9話 貴族の責務 感想

-
bluetopaz178
キリトが剣に何を込めるのかということの重要性をユージオに説いています。
ユージオはやっぱりアリスへの想いを剣に込めるようですね。

ユージオが剣術の訓練をしていると、
ライオス・アンティノス、ウンベール・ジーゼックの2人がやって来て、
嫌味ばっかり言ってる。

ライオス・アンティノスからご教授してもらえば、みたいなことを言われたので、
この2人の強さが自尊心であるとキリトに言われていたので、
それを確かめるべく、戦ってみることにしたユージオ。

ウンベール・ジーゼックと対戦します。
ウンベールさん、結構強いぞw
ハイ・ノルキア流だけあって、弱い貴族ではないのだなw
性格は良くないけど、弱いわけでもない。

ライオス・アンティノスの裁定で引き分けになりました。

このご教授から3日後。
この2人について会話しますが、
まあ、何もないようだ。
翌日はロニエ・アラベル、ティーゼ・シュトリーネンを連れて、
親睦会も兼ねて、森に出かける予定。

森で食事をしていると、ティーゼ・シュトリーネンの話題に。
下級貴族なので、上級貴族とは住んでいる場所がちょっと違うらしいです。

採決権が無いのが、下級貴族。
ティーゼ・シュトリーネンの家は6等爵位の貴族で暮らしぶりは一般人と変わらない。
髪の毛をもじもじさせながら話すティーゼ・シュトリーネン。
ちょっとユージオのことが好きみたい。

ロニエ・アラベルはキリトからハイ・ノルキア流への対応策を習っています。

食事が終わると2人からお願いをされます。

寮で同室のフレニーカという子が何かされてるのか。
この子の傍付きはウンベール・ジーゼック。

ウンベール・ジーゼックの行いは貴族の生きかたとはかなり違う。
自分で考えて生きなければならない。
キリトはこう2人に諭します。

夕方になり、ユージオとキリトはフレニーカのことについて、
ライオス・アンティノス、ウンベール・ジーゼックの2人を問い詰めますが、
ウンベール・ジーゼックは身に覚えがないという。

ウンベール・ジーゼックの説明ではセクハラに該当しますが(一般的に)
規則違反にはあたらないという解釈のようです。

ユージオは改善が見られない場合は教官に調査を要請することを提案します。
この場はそれでおさまりますが、
ライオス・アンティノス、ウンベール・ジーゼック、
どちらかの部屋を出た後、
今のところはその準備だけしておけと、キリトに言われます。
キリトはまだ様子見だけ。

翌日。
今日も掃除が終わったので、ティーゼ・シュトリーネンがやってきました。
ユージオはちょっと話があるので、ティーゼ・シュトリーネンに
座ってくれと言います。

フレニーカのことについて。
ウンベール・ジーゼックが逸脱した行為はもうしないだろうと。
え、そうかな?
確約は出来ないと思うけど。

ユージオがウンベール・ジーゼックと立ち会ったのが原因でもあるので、
フレニーカに謝罪する機会を作ってほしいと。

ティーゼ・シュトリーネンはフレニーカにはユージオの言葉だけ伝えておくと。
で、ティーゼ・シュトリーネンはもうちょっとユージオの傍にいっていいですか?
と尋ねます。
いやー、チャンスだけど、唐突だなw

ティーゼ・シュトリーネンは修剣学院を卒業したら、
家を継いで、同学年か1つ上の学年から旦那さんに来てもらうらしい。
ウンベール・ジーゼックみたいな人が来たら困るから、
学院代表になって、剣舞大会にも勝って、
4帝国統一大会に出てくださいって?

統一大会で上位に入れば、
アズリカ先生みたいに1代爵位に叙任されるらしいです。

そうなれば、ユージオもティーゼ・シュトリーネンに会いに来ると約束します。

まだ、ここではプロポーズみたいなことにはならないのね。
内容的にはほぼプロポーズなんですけど、
はっきりとしたセリフではないので。

まあ、急な展開ではあるけど。
ティーゼ・シュトリーネンの都合なだけだからね。

ただ、これからの道を進んでいくのは、
アリスと会うためで、
ティーゼ・シュトリーネンと結婚するためではないですよ。

ここで今回は終了。
ライオス・アンティノス、ウンベール・ジーゼックは相変わらず裏工作を
いろいろとやっているみたい。
キリトとユージオもこれに対抗すべく行動しているが、
なかなか表立っての行動も制約があり、
出来ないのがもどかしいようだ。

ティーゼ・シュトリーネンには貴族特有のしきたりみたいなものがあり、
ユージオと結婚したいみたいだけど、
条件もありそうで、すぐというわけでもない。

貴族の結婚は自由に相手を選べないのかな?
あ、下級貴族だから、そのような権利は無いのかもしれない。
下級貴族も大変だな。

ユージオも自分の目的を話したほうが良かったんじゃないかな?
他人にしゃべっちゃだめなのかな?
アリスのことは。

あ、そうだよね、捕らわれている人の奪還が目的だから、
しゃべっちゃだめなのか。

秘密の行動だからね。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  SAOアリシゼーション第9話「貴族の責務」嫌みな先輩との対立
  • SAOアリシゼーション第9話「貴族の責務」は、キリト達が例によって嫌みな小物貴族から嫌がらせを受けるエピソード。 学園物のあるあるですね。 ただし今回は陰湿な搦め手。 アバンはユージオにイメージが強さを左右するシステムを説明していた。 「自負心」で剣の力が変化すると。 ユージオは自分の剣を試すべく、先輩のライオスやウンベールに試合を挑んだ。 先輩は嫌みを目の前で言い続けてた。 「小物中の小物...
  • 2018.12.13 (Thu) 14:11 | アニメとマンガの感想と考察