fc2ブログ

キャプテン翼 第37話 スカイラブ・ハリケーン! 感想

-
bluetopaz178
全国中学生サッカー大会も2回戦が各試合会場で進んでいて、
比良戸中も花輪中もまだ手の内を見せない、本気を出して戦っていない。
でも、順調に勝ち進んでいる。

南葛中も2回戦、錦ヶ丘中との試合です。

南葛中は翼君の足の怪我を気遣って、井沢君をゲームメーカにして、
翼君を温存する作戦です。

あっという間に来生君が得点。

つづいて井沢君も得点。

3点目は滝君が決めるのかと思いきや、翼君がボールを持って翼君が3点目。
動かないと体がなまっちゃうから。

それと、主人公だからw
石崎君による説明。
いいね、このセリフw

この試合は翼君を温存しても、圧倒的な南葛中の力が目立ちました。
というか、ライバルになりそうな中学とそうでない中学の差が激しすぎる。
本当に各都道府県代表なのか?
と思うほどの力の差があります。

結果は6-0で南葛中が3回戦へ。

日をあらためて南葛中vs花輪中の試合です。

試合前の入場から立花兄弟と石崎君が揉めてます。

別の試合会場でも東邦学園の試合が始まろうとしています。
選手たちは決勝まで日向君抜きで勝ち上がり、
決勝戦でも日向君を出場させない場合は試合をボイコットすると決めているようです。
まあ、日向君が出ないと南葛中には勝てないでしょうからね。

試合が始まり、南葛中は翼君が立花兄弟の対決を避けて、
みんなでパスをつないで、ゴール前へ走り込んだ滝君がシュートを決めます。

あっという間に先取点。
あれ?
花輪中、あまり凄くないな。
翼君もパスを出しただけだからな。
ディフェンスは普通すぎる。

反撃を仕掛ける花輪中。
立花兄弟の空中サッカーがいよいよ出ます。

立花和夫君がコールポストを蹴りあがろうとしましたが、
石崎君がポストに蹴りを入れて、立花兄弟のトライアングルシュートを防ぎました。

試合は南葛中ペース。
圧倒的なパスワークで来生君の2点目。

2点目を取られて、新空中サッカーを使わなければならなくなった立花兄弟。

立花兄弟はボールをゴール前に上げてもらって、
立花和夫君は背中で芝生のグラウンドをすべって、
立花政夫君が立花和夫君の足に乗ってジャンプします。

立花政夫君が上空高く飛んでヘディングシュート。

これが決まって、花輪中は1点目。

これって、強烈なヘディングシュートになるけど、
そんなに威力が増すのかな?
ゴール方向では無く、上空なのに。

これが立花兄弟のスカイラブ・ハリケーン。

翼君がスカイラブ・ハリケーンに驚いている時の映像に
地球と宇宙と宇宙ステーションが映ってるけど、
これって関係あるの?

調べたら、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスカイラブ計画とかいう
宇宙ステーション計画が名前の由来なのですか?
こんなの知らなかった。

有名な話?

今回はここで終了。
まあ、立花兄弟のスカイラブ・ハリケーンだけかな、みどころは。
あと、上記の由来。

だが、南葛中が圧倒しそうな試合だ。
花輪中は攻撃力はなかなかだけど、守備力は普通だからな。
これではさすがに南葛中には勝てないだろう、
というか試合の最初からそんな雰囲気しかない。
立花兄弟以外の選手が戦力になっていない。

この戦力でよく立花兄弟は打倒南葛中への意気込みが出たな。
南葛中の攻撃に手も足も出ないのに、どういう勝算があったのだろう。
立花兄弟も戦略的に優れてはいないのだろうか。
分析力もスカスカな印象がする。
南葛中とはチーム総合力が違うな。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178