fc2ブログ

キャプテン翼 第47話 宿命の対決ふたたび 感想

-
bluetopaz178
Captain Tsubasa 2018 (Super Campeones 2018) Episode 47の感想です。

南葛中vs東邦学園の全国中学生サッカー大会、決勝戦が始まり、
両チームとも総力戦のような試合展開。

試合は進み、翼君もやっとドライブシュートを打ちます。
でも、ゴールポストに当たって、ボールは破裂。
日向君のタイガーショットと同じです。

若島津君はドライブシュートを止めるヒントをつかんだようだ。
事前に日向君のタイガーショットで練習していたんだ。

やっぱり総力戦だ。
日向君は東邦学園メンバーの成長を感じて、
沢田君とのポジションチェンジで攻撃を組み立てている。
自分のタイガーショットに頼らなくても得点を狙えると判断しているようだ。

沢田君から反町君へのパス、そして、シュート。
これは森崎君に防がれるが、
すぐにボールは日向君に渡る。

日向君の針の糸を通すようなタイガーショットが南葛ゴールに入り、
東邦学園が先取点です。

試合は南葛中からの再開で、
さっそく翼君vs日向君の直接対決になるかと思いましたが、
翼君の怪我があるので、接触を避けて、ゲームを作っていきます。
ここはね、これでいいと思うのです。

翼君はドライブシュートを放とうとしますが、
後ろから沢田君のスライディングタックル。
ですが、これを石崎君の呼びかけに反応して、
「機動戦士ガンダム」のニュータイプのパイロットの反応のようなシーンとともに
かわしていきます。

再度の翼君のドライブシュートはゴールラインぎりぎりからジャンプした
若島津君に取られましたが、
ドライブシュートの威力と一緒にボールと体ごとゴールに入り、
南葛中は同点に追いつきます。

でも、ボールに触れただけでも凄いんだよね、これ。
さすがだ。

試合は再開して、南葛中が攻め立てますが、
翼君のドライブシュートは失敗。

翼君はダメージが蓄積しているようだ。
また、若島津君もドライブシュートを防いだ時に肩と腕を痛めてしまったようだ。

ここで今回は終了。

南葛中、東邦学園、両チームとも、みんなで力を合わせて頑張っているのだけど、
得点はというと、
翼君のドライブシュート、日向君のタイガーショットに頼らざるを得ないという状況だ。
まあ、この2人だけは得点力がずば抜けているから当たり前なのだけど。

ただ、若島津君がドライブシュートに反応できているので、
タイガーショットに反応できていない南葛中のほうが若干勝てなさそうな雰囲気はある。

試合の結果はやっぱりドライブシュート、タイガーショットがどれだけ得点できるか、
これだけだ。

試合の結果は他の選手たちはボールをつないで、
どれだけのシュート回数を演出できるかにかかっている。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178