fc2ブログ

恋する小惑星(アステロイド) 第8話 冬のダイヤモンド 感想

-
bluetopaz178
イノ先輩は一人で毎年開催の「日本地学オリンピック」に出場することになりました。

桜先輩の妹さんも試験を受けるらしいです。
あの変な妹さんです。

予選、本選、交際大会がある。
大変な道のりだ。

イノ先輩はさっそく試験会場へ。
試験会場に入ると、お隣さんの佐伯さんという明るい女の子に話しかけられます。
こんなことありますかね?
いきなり知らない人に明るく声をかけられるなんて。

資格試験のような内容かな。
こういうものなのね。

友達っぽい子も出来て良かった。

後日、試験の自己採点をしてみたイノ先輩ですが、ボロボロの結果らしい。
試験を受けている時はかなり出来ている印象だったけどな。

クリスマス。
部室ではみらが新谷先生からIHヒーターを借りてきました。

これ1つ使用しただけで、ブレーカーが落ちた。
これじゃ、部室では電子機器を使った活動は何もできないのではないか?

ああ、部室を温めるためのヒーターをすでに使用していたか。

他の部活(新聞部)もクリスマス忘年会をやっているようだ。
一斉に電力を使っているみたいだな。

解決したのだかどうだかわからないが、クリスマス忘年会の始まり。
モンロー先輩は「ご招待ありがとう」と言ってるけど、
部員だから招待される側ではないよね?
参加するかしないかは個人の判断なのだろうけど。

黄金、金ぴかの人工衛星にも使われているサーマルブランケットを用意できるのか。
モンロー先輩にみらが用意したもの。
あおからのアドバイスが効いているのか。

JAXA見学の時にすでに買ってあったのか。

主食の鍋はあおが唐辛子を大量に入れて、かなりの辛さのようだが、
3年生の2人には美味しく感じるらしい。

最近は激辛料理の特集やタレント、芸能人が食べるバラエティ番組のコーナーをよく見かけるが
(意図的に見るわけではなく、チャンネルを変えるとたまたま見かける)
よく食べられるなと感心するというか、大丈夫なのかと思う。
おかげで、「蒙古タンメン中本」の北極ラーメン、
またはその10倍の辛さ?のラーメンというのも覚えてしまった。
まあ、辛いのが苦手な私が食べることはないけれど。

ここで、遠藤先生がみらに頼まれていた屋上の鍵を持ってきます。
体が温まったら、みんなで星を見る予定。

遠藤先生は鍋を見つけて食べてみるが、遠藤先生には辛いらしい。
やっぱり大人だからではなくて、人によるんだよね、
辛いのが好きだったり、苦手だったり。

屋上に行くと、みんなで「冬のダイヤモンド」を見ます。
星の名前を言うのだけど、ダイヤモンドに見えますかね?
ちょっと良くわからなかったな。

「グレートG」というのもさっぱり。

桜先輩は地質研なのに、天文にも詳しくなりつつある状況に感慨深い様子。
モンロー先輩に合併したことを不満に思っているか尋ねられますが、そうではない。

アルバムを作って、モンロー先輩、桜先輩からイノ先輩、みら、あおに
プレゼントとして用意したものを渡します。

桜先輩も合併して良かったのですね。

内容はモンロー先輩の隠し撮りコレクションを桜先輩が編集したもの。
アルバムの仕上がりは凄く良い内容。
良い雰囲気の写真ばかり。

あおはこのアルバムを見て涙を流します。

お正月はイノ先輩、みら、あおの3人で初詣。

お参りしてる時のあおの表情が何とも。
あおの表情を横で見ていたイノ先輩がちょっと横で話しませんかと。

あおは家の都合で3月に引っ越しする予定ということが話されます。

泣き出すみらに対して、イノ先輩は「今は私たちが出来ることを考えましょう」と。
イノ先輩、リーダーシップを発揮して、冷静に対応しようとしている。
著しい成長だ。

後日、地学部緊急会議開催。
ここでのイノ先輩はちょっとテンパってる印象。
何故か、新聞部の2人もいる。
あ、アイデア募集要員ですか。

すずも合流。
まあ、駆け落ち、通い妻はさておいて。

部活ではなく、みんなで集中的に期間限定で個人的に活動するとか
アイデアを出していると、あおはどうして自分のことをこんなに考えてくれるのかと思います。

みんな、あおのことが好きだから。
みんな、しっかりしてるんだよね。

生徒会室から私物を回収してきたみさも合流。
事情を知っているみさはあおに転居自体の回避を提案する。

具体的には春から遠方の大学で一人暮らしをするみさの部屋にあおが住むという案を提示。
これはびっくりな提案だな。
この高校でどうしてもやりたいことがあるから一人暮らしならわからないでもないが
(経済的な事情などが許せば)
他人の家に同居とは思いつかない提案だな。

タイトルにある「冬のダイヤモンド」は映像ではわかりにくかった。
もうちょっと映像での説明があると良かったな。

イノ先輩の部長としてのリーダーシップ、統率力が成長著しい。

あおの引越しについては意外な展開ではあったけど、
みさのアイデアも凄い。

みさはいつの間にか大学に合格していたのね。

今回は時間の経過が速かったな。
まあ、文化祭の後は目立った部活動は無いのかもしれないが。

今回はイノ先輩のリーダーシップに注目して見てた。

恋する小惑星 マウスパッド 【森野真理】 CD&DVD NEOWING

bluetopaz178
Posted bybluetopaz178

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  恋する小惑星 #8
  • イノ先輩が地学オリンピックに挑戦するお話と、あおの引っ越しが明らかになるお話でした。 自分のやりたいことをやる。そう決意したイノ先輩は、地学オリンピックに挑戦することにしました。みらはオリンピックと聞いて、4年に1回しか行われないと思い込みましたが、毎年開かれていました。 地学オリンピックは予選、本戦とあります。イノ先輩の目標は、予選を突破して本戦に出場することでした。試験会場に行ってみ...
  • 2020.03.03 (Tue) 14:04 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック