fc2ブログ

とある科学の超電磁砲T 第16話 天賦夢路(ドリームランカー) 感想

-
bluetopaz178
体育の授業。
プールでの授業が終わると3年生の帆風潤子に話しかけられるが、
あんな髪の毛が多いのによくキャップに入るな、帆風潤子。

食蜂操祈もやってきて、いつものように喧嘩。

あらためて、帆風潤子に呼び止められて、何かをもらう。
インディアンーポーカーというものらしい。

夢を見た人がこのカードを製作し、他人も同じ夢を見れるデバイスらしい。
なんか面白いシステムだw

「みんなが見たがるSランクの夢を安定供給できる人」
これがドリームランカーと呼ばれるらしい。
タイトルにある天賦夢路(ドリームランカー)とは、
これのことなのね。

御坂美琴は寮で使ってみる。
ゲコ太がたくさん出てくる夢みたい。

お城に連れていかれると、女王として食蜂操祈がいた。
御坂美琴はメイドさんにさせられる。

いろいろと働かされる。

これは過酷な夢だw

翌日、学校では、帆風潤子によるインディアンポーカーの感想と
ケーキ屋さん?喫茶店?での勧誘があります。

帆風潤子、食蜂操祈、御坂美琴、3人でのアフタヌーンティーです。
あ、ケーキ、美味しそうだな。
ミルクティーっぽいのも美味しそうだ。

隣のお店では、関西弁の男の人のドリームランカーの人がお願いされている。
あまり良い使われかたはされていないようだ。

白井黒子と初春飾利はジャッジメントの任務についている。

初春飾利がスマホアプリで使用しているものは、未来の事件を映し出すというもの。

とりあえず、15分後に事件がおこると予測されている自動販売機の前に行ってみる。

表示される予測時間は数十分単位でずれることもあるらしい。

起こったけど、白井黒子は女子生徒を助けました。

近くのビルの屋上には、このアプリの作成者と名乗る小学生っぽい男の子(美山写影)がいます。
予知能力者だそうです。

アプリを使った理由は身元を隠すため、予知した運命を変えることのできる能力者を見つけるため。

また、謎多き男の子が登場しましたね。
まあ、この学園都市は普通ではない人ばかりなので、それはそれで面白いのですけど。

展開がまったく想像できないけど、、
インディアンポーカーとか、ドリームランカーとか、面白く不思議なシステムや
能力を持った人たちが出てきて、本当に面白いアニメだ。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  とある科学の超電磁砲T第16話「天賦夢路」夢と未来予知
  • とある科学の超電磁砲T第16話「天賦夢路」は、 好きな夢を見れるカードと未来予知できる少年のエピソード。 原作第11巻71話~74話冒頭まで。 ただし73.5話は丸ごとカット。 (ショタを狙う変質お姉さんのエピソード) そう言えば今期は超電磁砲Tの続きもあった。 感想記事は書き終えてたけど投稿し忘れてた……。 だいぶサボってたんで、Tはどうだろと確認したら1記事も投稿してなかったw 悪意のな...
  • 2020.08.27 (Thu) 23:48 | アニメとマンガの感想と考察