fc2ブログ

青のオーケストラ 第12話 オーディション 感想

-
bluetopaz178
オーディションはめっちゃ緊張するのか。
2年生の裾野姫子先輩が凄い緊張してる。

一(青野一)の番になったけど、後ろを向いて座っている生徒は何をしているのだろうか?
と思ったら、審査員の3年生か。

一の演奏は原田先輩(原田蒼)の演奏と間違えるほどの演奏なのね。

とりあえずみんなびっくりしてるw

先生ものってきたね。

一は緊張もせず、楽しそうに演奏してた。

結果は当日発表ではない。

でも、もう座席表は仕上がって、立石真理部長にみんなに配れって。

翌日、発表されたけど、一は原田先輩に次ぐ席になったのね。
隣は佐伯直。
後ろは羽鳥先輩(羽鳥葉)。
さらに斜め後ろに小桜ハル。

喜んでいると滝本先輩(滝本かよ)に抱き着かれるw
とても喜ばれているw

秋音律子は落選。
まあ、しょうがない。

で、鮎川先生から話があるので、職員室に呼ばれる。
ついでに羽鳥先輩も。

羽鳥先輩は駄目だしされて、怒られる。
もっと本腰を入れてやれ、みたいな内容。

一は今の演奏は素晴らしいがソロとしてという意味みたい。
オーケストラでは、音が浮くので、
今後の演奏しだいでは、直と席を入れ替えるかもしれないと、
注意を受ける。

もう一つ、
「お前だけの音色が見えてこない」

昔の一の演奏はこんなレベルではなかったらしい。

鮎川先生がこのような話をするのは、
一を次期コンサートマスター候補に入れているから。

羽鳥先輩、直もいるけど、この3人が次期候補みたい。

1か月後に再オーディション。
一の演奏の確認(変化があるのかどうか)
そして、高熱でろくな演奏が出来なかった直の演奏も確認するみたい。

いい音が出せるだけではダメなのね。
周りと合わせることは、何回も出てくることだけど、
なかなか上手く出来ないものなんだね。

難しいね、本当に。

まあ、でも、鮎川先生から評価も期待もされてる。
ついでに羽鳥先輩もw

割と順調なのではないのかな。
bluetopaz178
Posted bybluetopaz178